川上貞奴邸


f0110699_1375075.jpg

名古屋市東区に移築再現された、日本最初の女優川上貞奴と、福沢諭吉の婿養子・電力王福沢桃介の邸宅、二葉館。
ステンドグラスは、去年クリスマス前に、外部から撮っていたもの。

f0110699_13214316.jpg

大正時代としては、最先端の電気設備を備えた、絢爛豪華な邸だったそうです。
木曽川にダムを建設した電力王、ゆえに。
f0110699_2254266.jpg


この回り階段の下の広間で、政財界人を迎えての、パーティーが繰り広げられていたとのこと。
この階段を下りてくる、貞奴姐さんは、さぞかし美しかったことでしょう。

f0110699_0231761.jpg

当時の洋館に多い、和洋折衷の建築で、かなり広いです。
貞奴自身も織物会社の経営者でしたけど、「愛人」という立場で、このような御屋敷の女主人であったのは、当時としても、特殊なことであったと思われます。

f0110699_2392934.jpg

川上貞奴。川上音二郎の妻として、そして、福沢諭吉のパートナーとして、華やかな生涯を生き、今は名古屋に近い、岐阜県鵜沼の、自分で建てた「貞照寺」に眠っています。
館内には、彼女の舞台衣装、三味線、台本、ここで使われた食器、化粧道具などが陳列されています。

f0110699_20322576.jpg

f0110699_20324946.jpg

このヘアピンが、川上貞奴の髪をまとめていたのだと思うと、少しドキドキ。
f0110699_0291195.jpg

ふたりが、東京に戻った後は、敷地を分けて、売られてしまいました。
元の状態に戻すために、2年前、近くに移築され、復元されています。
残された部材を使ってはいますが、外装は全く新しいため、お屋敷町に突如建てられた、レストランか何かのように見えるのは否めません。

f0110699_0293354.jpg

館内は、撮影自由。
このあたり一帯は、「文化のみち」とされ、付近には、やはり古い洋館が公開されています。

[PR]
by abbey-t | 2007-04-22 01:36 | 近代建築

忘れないことを忘れない。


by abbey-t

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



以前の記事

2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

その他のジャンル

最新の記事

ブログは休止しております
at 2016-01-28 08:56
7月も過ぎる
at 2015-07-31 22:32
6月も過ぎる
at 2015-06-26 20:29
一番好きな季節
at 2015-04-30 21:59
〓名古屋 七里の渡しの中秋の..
at 2013-09-19 23:36

記事ランキング

画像一覧

AX