<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

満月を枕に眠る


f0110699_2248467.jpg


東の丘に、あがったばかりの月。

昨夜もほとんどまんまるで、
とても明るくてきれいだったので、
ベランダ側に枕を置いて、ずっとながめながら、
月明かりの中、眠りにつこうと思ったのに、
20秒で眠ってしまいました・・・。

今夜は起きていられるかな。


**今夜は、”variousmoon”さんのところで、
Blue Moon Returns 2007 が行われています**


f0110699_10502264.jpg


:=追記=:

7月1日 AM4:15 
ちゃんと、起きてました。
5分ほど前に、満月は名古屋の夜景の上、雲の中に入っていきました。
ベランダで小籠包を食べながら、確認。笑。徹夜すると、お腹がすきます。

f0110699_10514948.jpg

そして、鳥の声とともに、夜明けが始まりました。




[PR]
by abbey-t | 2007-06-30 22:50 |

She sings with all her soul


f0110699_2158575.jpg

ブログお休み中ですが、訪れて下さる方がいて、うれしい限りです。
ありがとうございます。
そろそろ、再開いたします。

シンガー”ルース”のライブ情報をお知らせしていますが、彼女が、初めてアメリカでソロで歌った時の写真です。(ぶれて見えるのは、気のせいですからっ)
サンフランシスコのGlide Memorial Churchのクワイヤで。 
オーディションを受けて、3ヶ月後でした。

ここは、世界中からの観光客もやってくる教会で、かなり大きな会堂ですが、人が入りきらないので、日曜日の礼拝は2回行われました。
壇上にまで人があふれているのが、見えますね。

f0110699_2204940.jpg

初めてそこでルースがソロで歌う日の前夜、ルースと私はレイ・チャールズが出演するチャリティーパーティに行って、遅くまで遊んでいました。
翌朝「アメリカデビュー」なのに、彼女があまりにも落着き払っているので、私は内心驚いていました。

けれど、彼女は、当日はしっかり歌いあげ、聴衆からスタンディングオベレーションを受けていました。私は、思わず泣いてしまったのでした。

私が教会でいつも座る席は、フリフリの派手なドレス、真っ赤な口紅、身長2メートルな上に、
ハイヒールという、ブラック(とあえて書きますが)のゲイのおねえさん達(この教会は、ゲイもレズビアンも認めているのです。サンフランシスコ自体、現在は同性婚を認めている、リベラルな土地なので)にかこまれていましたが、彼女たちが、ルースに向かって、「Sister!」と叫んでいました。

あんたの歌には、魂がある。
聴衆のひとりがルースにそう言ったそうです。

ルースはこの後、クワイヤのCDで、ソロとして歌っています。


f0110699_2262363.jpg

そのしばらく後の、この教会の30年周年記念コンサートの写真。ルースはクワイヤの一番後ろ、右から2番目にいます。

サンフランシスコ在住の著名人が、出演していました。
右側のジーンズの人は、グラミー賞シンガー、ひとりアカペラコーラスのボビー・マクファーレン。
”Don't worry, Be happy” (古い!)の人ですね。彼は、教会にもきていました。
それから俳優のロビン・ウィリアムズがスタンダップコメディアンとして出演。もう、贅沢!
彼は俳優になる前は、クラブでコメディアンをしていたそうなのですが、舞台に出てきてから去るまで、聴衆はずっと大爆笑でした。
私には、ひとこともわかりませんでしたけど。

控え室にも入れたので、この日はドレスのまま、重い一眼レフカメラを持ってうろうろしていました。
ミュージシャンが集まっているので、たとえば廊下で並んでランチを待っている時なども、
そのへんの壁や持ち物を叩いて、歌ったり踊ったりして、まるでミュージカルでした。

サンフランシスコには3ヶ月滞在したのですが、ルースのおかげで、とても充実していました。
ちょうど、サンフランシスコ界隈がブルースフェスティバルの期間だったので、野外コンサートにいったり、地元のクラブにも、音楽を聴きによく行きました。

ここにアップしたものも、ものすごく昔の写真たちなのですが、フィルムを探しているうちに、なつかしくいろんなことを思い出しました。
サンフランシスコの他の写真も、少しづつ、アップしていこうと思います。



[PR]
by abbey-t | 2007-06-28 22:17 | 歌姫

My Diva


f0110699_1911.jpg




ブログおやすみ中ですが、どうしても書きたいことがあるので。

古い友人で、ニューヨーク在住、R&Bシンガー”ルース” (日本人です。名古屋出身)。
彼女が完全に日本を離れて3年以上になりました。
アメリカには永年在住のため、残念ながら、いつもライブでその歌を聴ける、ということはなくなりました。

私が彼女と出会ったのは、15年ほど前のライブパーティでした。
「コーラスの頭数が足りない。上背をそろえたい」という理由だけで、音痴なのに駆り出された
バンドで歌(ほぼクチパク)っていましたところ、別のバンドでシンガーとして出ていたのが、彼女でした。まだ彼女が名古屋で歌い始めたばかりの頃です。

初めてその歌を聴いた時には、驚きました。歌がうまい、とか(もちろんうまいのですが)そういうことではなく、表からはよく見えないけれど、どこか奥の方で、何かがピカピカしていました。

プロ、アマチュア問わず、東京、関西、名古屋でいろんな女性シンガーを聴いていたけれど、彼女は何か、どこか、違っていたのです。

その後、彼女は狭い名古屋の音楽シーンのなかで人脈を広げ、少しづつ、大きなイベントなどでも歌うようになりましたが、初めて”ルース”として歌った舞台を最後に、サンフランシスコに旅立ちました。
アメリカに行く2日前、私の家に泊まった彼女は、
「あびちゃん、私ね、本当は行きたくない。行きたくないの・・・・」
と言っていました。
空港に見送りにいき、飛行機への通路を、うつむきながら歩く彼女を、送迎デッキでひとり見送りました。

10ヶ月たって、サンフランシスコで再会した時、彼女は苦しみながらも、自分の道を進んでいました。
英語を身につけ、教会のクワイヤに参加してゴスペルを歌い、私が訪れた時は、ちょうどそのなかでソロデビューする頃でした。サンフランシスコには、6年ぐらいいたと思います。

帰国後、名古屋でまた歌いはじめ、結局、東京に呼ばれて、プロデビューすることになりました。
サンフランシスコでも、東京にむかってデモはしていたようですが、わからないものですね。
そして。
オリジナルの歌を作り、CDを作り、デビューツアーをしたと思ったら、さっさと、ニューヨークに行ってしまいました。

ずっと、その時々の、ルースの歌を聴いてきたわけですが、初めてその歌を聴いた時の、
「よく見えないけど、ピカピカしたもの」が、だんだん輝きを増していくのが、私は本当にうれしいのです。
時には、それがまた曇ってきたり、それを投げ出そうとしたり、ということもあったのですが、ずっと、彼女の中で生き続けていくと、信じています。

彼女の歌を聴いた人が、泣きたくなる、という表現をすることが多いのですが、アメリカでは、アフリカンアメリカンの人が、彼女のゴスペルに感動していたし、日本にいるアメリカ人が彼女の歌を聴いて泣いていました。

やはり、夢破れてサンフランシスコから帰国した友人が、彼女のライブで号泣し、一緒にいた、初めて彼女の歌を聴いた別の友人が、帰りの電車の中で、「一生懸命生きよう・・・」
と言っていたのが印象的でした。ふだんとてもクールな人なのに。

そんな風に、心の、というより、魂のどこかに届く声を持っているルース。
そしてたぶん、自分で本当には、それを自覚していないような気がします。
与えられたものは、使わなくちゃいけないんだよ,
ギフト、なんだからって、いつも私がえらそーに言っているのですけどね。

ということで、ルースが今年も里帰りし、名古屋で歌います。
今回は、星ヶ丘の「スローブルース」というお店です。
そして、栄のLive in Lovely と、東京・目黒ブルーズアレイに、ゲスト出演します。

皆様、ぜひ、足をお運び頂き、ルースのソウルフルボイスに触れてください。

内容は、R&B、オリジナル、ゴスペル、などの構成になると思います。

写真は、出会った頃のものなので、相当古いのですが、こうやって見ると、とても20代(その頃はね)には見えませんね。(本当は、もっとカワイコちゃん です)

このブログは、引き続き、ルースのことを、書いていきます。
[PR]
by abbey-t | 2007-06-10 01:50 | 歌姫

少しお休みします

読んでいてくださる皆様へ

いつもありがとうございます。

しばらく、ブログはお休みします。
(といっても、今までも、あまり更新してないのでおおげさですが)

お友達のみなさまにおかれましては、私の生存確認*笑*ができなくなりますので、
私から、メールや電話など、するように致します。
(ほんとにしますから、これからは)

再開したら、もっと充実したブログにしていきたいと思います。

よろしくお願い致します。
[PR]
by abbey-t | 2007-06-05 11:52

忘れないことを忘れない。


by abbey-t

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



以前の記事

2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

その他のジャンル

最新の記事

ブログは休止しております
at 2016-01-28 08:56
7月も過ぎる
at 2015-07-31 22:32
6月も過ぎる
at 2015-06-26 20:29
一番好きな季節
at 2015-04-30 21:59
〓名古屋 七里の渡しの中秋の..
at 2013-09-19 23:36

記事ランキング

画像一覧

AX