カテゴリ:旅の記録( 34 )

黄昏の松本城 紅葉


f0110699_23595540.jpg

1泊2日のヘリテージツアー 2日目後半のみ参戦。

f0110699_001584.jpg

お城の大ブームで、閉館近い時間というのに、天守閣上がるのに、20分待ち。

f0110699_003636.jpg

結局、下層の窓から紅葉を眺めただけで、お元気な諸先輩方を置いて、一人降りてしまいました。

f0110699_004847.jpg

暗い時間になっていたので、紅葉も鮮やかには見えず。

f0110699_011140.jpg

11/6現在では紅葉はまだまだ、というところでした。今年はやっぱり遅いんです。

f0110699_012551.jpg

黄昏の中に立つ、国宝松本城。
名古屋城、岐阜城、または町おこしに無理やり建てた、コンクリートのフェイクのお城に慣れた目には、
とても気高く、優美に見えました。
[PR]
by abbey-t | 2010-11-16 00:22 | 旅の記録

京都は少しだけ秋の気配



f0110699_10265680.jpg


早朝の京都駅。
通勤と観光客も多いのに混雑を感じないのは、この駅だからでしょうか。
去年もちょうどこの前日に京都にいて、この長いエスカレーターで夕暮れ時、あのてっぺんに行きました。
それはきれいな黄昏でした。
手術前日、不安な気持ちをほぐすため、明るく接してくれた友人達。
しかも、その頃は不在だったTeeの友達、というだけだったのに。

今回病院に行き検査の結果、
私のおなかの中にあった、巨大なカタマリふたつは、消えてしまっていました。
再発もなし。不思議です。
去年までのあのつらさを思うと、うそのような体になりました。

お世話になった、京都の人たち、先生や看護師さん、そして両親にも心から感謝しています。


f0110699_9283913.jpg


台風の後、京都はまだ暑いけれど、爽やかな風が吹いていました。
[PR]
by abbey-t | 2010-09-11 09:58 | 旅の記録

夏休み 3  山の駅



f0110699_23272068.jpg


これは最初の駅から、迎えに来てもらうために移動した中央線の小さな駅。
木の国の入り口なので、駅舎も待合のベンチもこんな感じです。
涼しい風がそよそよ吹いていました。

自動券売機もなくて、乗客はちゃんと切符売り場で切符を買います。
電車も自動ではなくて、降りる時にドア脇のボタンを押します。

乗り換えの電車は1時間に1本ぐらいはあるだろう、なんて思っていると、エライ目にあうのでした。

でも、ホームで駅弁売っているとことろもあったりして、のんびりしてます。
30年ぐらい前は、中央線の各駅列車は内装が木製でした。
小さな駅から物売りのおばさんたちが乗ってきたりしていました。

リタイアされた方々が、こういうローカル線の旅をしていて、建築めぐりをされている方も多くいます。
JR沿線上の観光地でもない街のことを、詳しく知っていて、
情報をたくさんもっていて、横のつながりも多くて、楽しそうです。
そういう方々のために、明治村や名古屋市内の近代建築のご案内をする(のを手伝う)
機会が多いのですが、うらやましいです。
時間がたっぷりできたら、そういう旅もいいなぁ、と、思います。

今回は、ここに迎えにきてもらって、蕎麦を頂き、
築100年の傾きかけた古い民家の掃除をし、お墓参りをして、
ヒノキの湯船にかけ流し、という温泉に入って、前回の無人駅から帰ってきました。
木と草の香りに包まれていた一日でした。
[PR]
by abbey-t | 2010-08-14 23:58 | 旅の記録

夏休み2

f0110699_19372927.jpg


ふたたび、無人駅なう。笑。怖。

さっきは、結局、迎えにきてもらいました。
が、今はまたひとり無人駅アゲイン。
と思ったら、鉄、の人が一眼レフで撮影してました。
こんな暗闇で、何を撮ってるのでしょう。

涼しい山の中。夏の夜。
[PR]
by abbey-t | 2010-08-13 19:37 | 旅の記録

夏休み

f0110699_1135175.jpg


田舎の駅なう。笑。
目的地まで電車2時間待ち。泣。

ひとりじっと足を見る。

外反母趾、矯正中。笑笑。


退屈なので、iPhoneから更新してみました。
[PR]
by abbey-t | 2010-08-13 11:03 | 旅の記録

松本の月




ヒマラヤ杉の上に月が浮かぶ頃、あがたの森を後にした。

f0110699_21283919.jpg

女鳥羽川の黄昏。中央大手橋。


f0110699_21282464.jpg

こういう月夜は、本当に、あそこまで手が届くって、思う。



f0110699_21514655.jpg

なんだかね、つやつやした夜でした。
[PR]
by abbey-t | 2009-11-12 21:53 | 旅の記録

松本 あがたの森



f0110699_229579.jpg


開田高原の一週間後、今度は電車でさらに北上。
松本の、思い出深い旧制松本高校跡地、あがたの森へ。

f0110699_22123840.jpg


名古屋では、11月末か12月に紅葉するもみじもイチョウも、すでにほとんど色づいている。

f0110699_22154630.jpg


奇妙な、まるで夏のような日。半袖で歩いていたのに、こんなに紅葉が進んでいる。不思議な感覚。


f0110699_22171362.jpg


住んでいる街から、距離にして200キロぐらいしか離れていないのに、こんなに季節が進んでいる。

f0110699_22133077.jpg


少しだけタイムマシンでどこかに来たような気分。

f0110699_20544493.jpg


午後の光に輝く木々が、本当にきれいだった。
[PR]
by abbey-t | 2009-11-02 22:46 | 旅の記録

開田高原へ


★★2009年10月24日の情報です。開田高原の紅葉、見ごろです。


****

家の近くは、紅葉が始まっています。いろんな木がありますからね。
桜の葉はもう落ち始めていますし。
それでも鮮やか、というわけにはいきません。

インターネットの紅葉情報を見て、先週あたりはまだまだ、と思っていましたのに、
今年は紅葉がはやまっているようで、信州は見頃という場所が増えました。
昨日、あわてて北上。

長野県木曽の開田高原の紅葉を見るために、木曽路を走ります。
岐阜県側からトンネルを抜けて、ナビシステムのおねえさんが「長野県に入りました」と教えてくれた途端、
山が色づき、それがだんだん濃くなっていきました。
「木曽の桟」では、赤い橋と黄葉と蒼い川の水が美しくて、国道沿いに車を止めて眺めました。

f0110699_2113950.jpg




*****

念願だった開田高原の紅葉。ここに向かうのは今までで3度目です。過去2度登り始めて引き返しています。
時間が遅くなりすぎていたり、11月というのに雪が舞い始めたりして。
ここは山全体が黄葉で、ところどころに赤が混じり、緑の木もあり、なんともいえないグラデーションを描いていました。


ドライブしているだけでも楽しいのですが、今回のビューポイントは「木曽馬の里」と九増峠の展望台。
木曽馬の里では、めずらしいブルーベリーの紅葉と、その向こうに御岳山を眺めることができます。
九増峠は色づく山々の向こうに、やはり御岳が見えます。わずかに冠雪していました。

そして、温泉「やまゆり荘」に向かうと、眼前に御岳が。
一日ずっと暗い曇りだったのに、露天風呂からあがろうか、という頃に、突然御岳が淡く夕焼けになりました。
ここでカメラを持っていないのが、とても悔やしいのですが、まさか持ち込むわけにもいかず。

紅葉の写真はすべて全滅です。天気が悪かったのもあるのですが、
風景写真は、前回の木や海の写真ぐらいで、ほとんど撮ったことがなかったのでした、そういえば。
葉っぱのアップにいたるまで、全くだめでした。

なので、地元の方の美しい写真を、 「今日の開田高原」でごらんください。

f0110699_2113230.jpg




*******


Ф追記Ф

f0110699_22103587.jpg


開田高原の紅葉情報を求めて来てくださる方がいらっしゃるので、2枚だけ。

f0110699_0283125.jpg


高原すべてが、こんな色に染まっています。
[PR]
by abbey-t | 2009-10-25 21:20 | 旅の記録

海に行った



なんだかずっと、海を見たかったので、伊勢湾へ。

f0110699_131614100.jpg


何年ぶりだろう。いつも海沿いに旅をしていたのに。

いつ間にか、こんな気持ちも忘れていた。

まだまだ日差しはとても強い。

裸足で、白い貝殻に埋まった砂浜を歩いた。
[PR]
by abbey-t | 2009-10-18 19:56 | 旅の記録

夕暮れの京都駅


f0110699_2203788.jpg

低空飛行のアトムに見送られつつ、夕暮れの京都駅。

f0110699_2205577.jpg

空に向かって一直線に延びていくエスカレーターに乗り、屋上まで。
色つきのガラス越しが悲しいけれど、京都の街が見下ろせる。
ネオンサインがないのだ、と、改めて気がつく。

f0110699_22112790.jpg

エスカレーターの途中、エレベーターホールの前からも素通しで京都タワーが見える。

夕暮れ時に、タワーに上るのもいいだろうな。
[PR]
by abbey-t | 2009-10-05 22:10 | 旅の記録

忘れないことを忘れない。


by abbey-t

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



以前の記事

2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

その他のジャンル

最新の記事

ブログは休止しております
at 2016-01-28 08:56
7月も過ぎる
at 2015-07-31 22:32
6月も過ぎる
at 2015-06-26 20:29
一番好きな季節
at 2015-04-30 21:59
〓名古屋 七里の渡しの中秋の..
at 2013-09-19 23:36

記事ランキング

画像一覧

AX