カテゴリ:カフェとごはん( 53 )

まだ冬眠中だけれど


なんだか今年はちっとも春の気配を感じないのは、年明けから休日はひきこもってばかりのせい?
ほかの地方に激しく降りしきる雪のせい?

f0110699_2394545.jpg


さて。
そろそろ、少しづつ起きていきましょうか。

f0110699_2395344.jpg



名古屋 本山 Milou

[PR]
by abbey-t | 2012-02-20 23:38 | カフェとごはん

赤福氷



f0110699_21311958.jpg


きょうもまた、異常な暑さでしたね。
会社で私の席が一番クーラーから遠い上に、全面窓近くの席なので、温度計30度超えてます。
その席に人が来るたびに暑くてびっくりされるのですが、冷え性と低体温のおかげで問題ないです。
それでもうっすら汗がにじんでるのですけど、冷房で汗をかかない方が体に悪いです。
首にタオル巻いて仕事してる姿は、まさにおじさんです。

体質が変わったのか、今年が特別に暑いのか、冷たい飲み物やビールを平気で飲めるようになりました。
きょうは、何年も食べたことのなかった、かき氷を食べてみました。
食べきったら、さすがに少し体が冷えてしまいましたけれど。

伊勢の赤福本店で頂ける赤福氷。
氷が雪のように細かくて、抹茶シロップも甘すぎず、なかに赤福餅があんことお餅に分かれて2個入っています。
名古屋駅のJR高島屋地下1階の片隅に赤福の支店があって、本店と同じものが頂けます。
本店のお店の前で焙じている、あの香り高いお茶と、おねえさんたちがお店で作ってくれる赤福餅も。
お店は小さくて、ゆっくりする、という感じではないのですが、本店の混雑ぶりを考えると、
少しほの暗い店内は落ち着けます。
赤福餅3個とあのお茶で260円だったかな、コーヒー飲むよりぜんぜんいいです。赤福氷は500円。

夏にここに行くと、ほとんど人がこれを食べていて、口々においしい、おいしい、というので、
冷え性を克服したら、いつか食べてみたいと思っていました。

夏は、この氷のせいで、土日は行列になってしまうのです。
きょうは平日の夜だというのに、満席で少し待ちました。きっとこの暑さのせいですね。

赤福本店では、毎月ついたちには、月々異なる「ついたち餅」が出るのですが、
明け方の販売開始に合わせて、人々が夜中から並ぶのです。
そのついたち餅も、この名古屋店で予約できるようです。
じゃあ、わざわざ毎月名古屋から伊勢に行って、夜中から並んでいる人はなに?
と思うのですが、あれは待つのが楽しいのですって。
その日はおかげ横町も、夜中から営業するお店もあって、にぎやかなのだそうです。
本宮にお参りしてこその、赤福餅ですからね。いつか行ってみたいです。ついたち餅。


ついにすべてのコンデジが壊れたので、ケイタイ写真。
[PR]
by abbey-t | 2010-07-26 22:13 | カフェとごはん

pâtisserie AZUR



f0110699_011813.jpg

ドゴール空港で。



f0110699_023474.jpg

なわけはなく、

f0110699_045440.jpg

飛行機いっぱいのお店。


f0110699_04013.jpg

おフランスな小物がたくさん飾ってあって、フレンチポップスがかかっている。


名古屋市 東別院 パティスリー・アズール 
[PR]
by abbey-t | 2010-06-16 00:12 | カフェとごはん

京都 寺町通りあたり



f0110699_19353059.jpg

本能寺に沿って伸びる、寺町通りのスマート珈琲店。
「京都の朝ごはん」という本に、この店が載っていて、ずっと行ってみたいと思っていた。
洋食屋として昭和7年にの開店なので、イノダコーヒーより歴史は古い。
こちらはこじんまりした店内だけれど、乾拭きで磨きぬかれた木の壁や、階段の手摺、木の床で
落ち着いた雰囲気。
大きなロースターが外からも見える。

f0110699_1936594.jpg

人気のふかふかのホットケーキ。生地もシロップも全部手作り。
昔は映画関係のお客さんが多くて、チョンマゲ姿のまま、これを食べる姿などがあったそうだ。
フレンチトーストか、ホットケーキを頼むお客さんが多いようだ。

f0110699_19373759.jpg

寺町界隈も楽しい。
京都にはめずらしく、路地でおそばやさんを見つけた。「東京」という文字が見える。

f0110699_20241528.jpg

その並びにある、古書のお店。その向こうのカフェから、とてもおしゃれなおじさまが出てきて、
寒い中、さっそうと自転車に乗っていった。
京都はこういう素敵なおじさまが多いなぁ。素敵な女性も多いけれど。

f0110699_21402065.jpg

この通り、京都市役所側にも延びていて、雰囲気のある様々なお店が並んでいる。
歴史のある陶器や錫器のお店、昔ながらの酒屋さん、古い喫茶店、花屋、雑貨のお店、
古い版画のお店で、以前、そのネットショップの店長の岡本さんからコメントを頂いた、「芸艸堂」もここにある。
ここの倉庫には古い版木も保存されていて、竹下夢二のものなど、以前紹介されいた。

京都市役所も、昭和6年の古い建物なので、「その筋」の方はどうぞ。

f0110699_19361566.jpg

京都に行っても、いつも、こんな普通の街を歩いている。
名所旧跡はほとんど行かないのだ。もったいない。
[PR]
by abbey-t | 2010-02-11 21:18 | カフェとごはん

松本 中町 珈琲まるも

f0110699_212813.jpg

思わずふらふらと入りこみたくなる、黄昏の路地。
帰りの時間が迫っているので、ぐっとこらえて、ここは必ず行こうと言っていた場所へ。

f0110699_21284061.jpg

この建物は明治時代に建てられた。旅館まるも。併設の喫茶店は昭和31年から。

f0110699_21291481.jpg


f0110699_21302658.jpg


30年前に来たはずなのだが、私は全く覚えていなかった。
年季の入った松本民芸家具が揃った重厚な雰囲気の店内。お店そのものも松本民芸家具の創始者が
設計されたそう。
f0110699_21293874.jpg

温かいココアを飲みながら、帰りたくないなぁ、できたらここに泊まりたいねぇ、と、うだうだと。
[PR]
by abbey-t | 2009-11-11 22:18 | カフェとごはん

松本市美術館 ビストロ・サンチーム


f0110699_21502735.jpg

松本駅から、あがたの森に向かう途中に、松本市美術館があります。
その庭にある地元出身、前衛アートの草間彌生さんの大きな大きな作品。
とても楽しい花たちです。
私は美術に疎く、この方を存知あげませんが、館内には常設展示があるそうです。

f0110699_21505520.jpg

今回は時間がなくて、展示は何も見ませんでしたが、建物がよい感じでした。

f0110699_21522366.jpg

紅葉した木と、緑の芝生の中庭と。

f0110699_16355823.jpg
カフェに入ってみたら、ちょうどランチタイム。
外から見ると、美術館併設のカフェにしか見えないのですが、
これがちゃんとしたフレンチレストランでもあったのでした。

f0110699_21562547.jpg

いろいろ選べるランチで、前菜を。いわしのマリネとレバーペースト。

f0110699_1233566.jpg

手術してからお肉は避けているのですが、牛のほほ肉の赤ワイン煮。魚料理も選べます。

f0110699_21571429.jpg

手術してから甘いものは避けているのですが笑デザートは、クレーム・ブリュレとブルーベリーの
アイスクリーム。このアイスクリーム、ここで作られているだと思うのですが、ベリーがちゃんとツブツブ感があり、甘酸っぱくておいしかった。メニューの中の好きな飲み物と一緒に。


f0110699_12514726.jpg
気分よくて、ワインを飲まずにはいられませんでした。

f0110699_2204143.jpg

天井までガラス張りですが、よい木が使われているようです。下は大きなスライディングドアで、
その向こうの緑の芝生と紅葉した木を眺めながら、思わぬところで、ゆったりランチ。
夏のような日で、外の日よけのあるテーブルで、ひとり食事をされる外国の方も。

お店の女性の方々が、とてもよい感じでした。
あらかじめ撮影をお願いしたら、ではこの席がいいですね、と、真中あたりに案内してくださったり、
観光案内もして頂きました。

このランチ、驚きの値段なのですよ。サイトでチェックしてみてくださいね。

f0110699_2065816.jpg

[PR]
by abbey-t | 2009-11-09 01:07 | カフェとごはん

京都駅で食べる


f0110699_207433.jpg

京都駅で乗車直前にお茶を飲みたい時、ご飯を食べたい時、おみやげを買いたい時、
それでも、京都らしいお店がいいなという時、
烏丸口改札の前のエレベーターをあがったところにある、京都在住じすさんお薦めのふたつのお店。
ちなみに上の写真は、同じところにあるスペイン料理のバル。


●宇治のお茶屋さん
中村藤吉本店


f0110699_2085293.jpg

生茶ゼリーと抹茶アイスクリームのセット。抹茶生チョコレートつき。
ゼリーは甘みが少ないので、ここにアイスクリームとあずきを入れて頂くのだそうで。
抹茶オーレは、きれいな緑色でお茶が濃い。スタバなどで出している、抹茶シロップをミルクで薄めたものとは、
あたりまえだけれど、全然違う。


f0110699_2011311.jpg
抹茶生チョコレートとほうじ茶生チョコレートなどは販売していて、これもお茶がかなり濃くておいしい。
日本茶に合う味になっている。小さな箱でかさばらないし、おみやげに最適。
チョコLoverの父に、ほうじ茶チョコをおみやげにしたら、ひとりでひと箱、一気食いしていた。

f0110699_20112684.jpg
平日でも時間によっては並んでいるので、乗車時間は余裕を持って。


●料亭「和久傳」が出店している、気軽に京料理を頂けるお店「はしたて」

f0110699_20114861.jpg


この日のランチメニューのうちのひとつ。
月見とろろのそうめん、かじきとむかごと銀杏の蒸し飯、イチジクの白和え、焼き茄子に黒ゴマのたれ。
いろんな変わった丼も頂けて、持ち帰りもできる。9月は、はもの丼などがいくつか。
季節によって、メニューが全く異なるようだ。
気軽なお店だけれど器もとてもよい。お茶のおかわりをお願いすると、別の器で持ってきてくださる。
接客も丁寧。
デザートのれんこん餅。わらび餅のようだけれど、食感が少し違う。おいしい。
これも小ぶりな箱があって、おみやげに最適。
ここも、平日の2時ぐらいでも並んでいることがあるので、時間に余裕がない時は、無理かも。
以上2店は、スパゴ伊勢丹3F。


●帰りの新幹線の中で食べるなら、伊勢丹地下の老舗料亭のお弁当コーナーで買うのがいいのだけど、
同じく「和久傳」の鯛めしなど、半分ぐらいのメニューが予約が必要。

蓬莱551は、京都だけではなくて関西にたくさんあるけれど、伊勢丹店もいつも行列で、おみやげにできたことがない。
f0110699_2012049.jpg

カウンターがあって、ここでさっと頂くこともできる。冷凍ではなくて、お店で手作りしている。安くてほんとにおいしい。
と思ったら、10月6日まで、名古屋JR高島屋地下1階でスポット販売中。明日行かなくては。



食べ物ブログですかこれ。ますますめちゃくちゃなブログに・・・。
[PR]
by abbey-t | 2009-10-03 21:53 | カフェとごはん

京都 イノダコーヒー本店


f0110699_2116346.jpg

あまりにも有名すぎて、へそ曲がりな私は行くつもりがなかったのだけど、
友人が分銅屋で足袋に時間をかけていたので、すぐそばのここで待ち。
f0110699_2117529.jpg

正面は格子のある、昔の商家で、のれんがかかっているけれど、
中に入ると、まるで高級レストラン。黒服に蝶ネクタイの人が、案内してくれる。
気持ちのよい庭園に出て、かわいらしいギンガムチェックのクロスのかかった、テーブルへ。
夏以外は、赤のギンガムチェックなのだそうだ。重い鉄製の椅子がフィフティーズぽくて素敵。
f0110699_20175079.jpg

温かいカフェ・オレ。
名古屋の「喫茶・ボンボン」のミルクコーヒーも、こういうホットグラスで出てくる。
イノダコーヒーは、喫茶店としては1947年創業で、ボンボンとほぼ同じ時期。
このスタイルは、外国に倣ったものと思われる。
ポルトガルのカフェで出てくるカフェ・コン・レイチェ(ラテ)も、どこでもこういうグラスだった。


f0110699_21345041.jpg

トレードマークのポット。
f0110699_20191337.jpg

カトラリーにもそれが刻印されている。器もすべて名前入りのだった。


私はコーヒーの味がわからない人なので、味の感想はなし。
まぁ、有名店ですから、ということで。

f0110699_2114848.jpg

[PR]
by abbey-t | 2009-09-23 21:08 | カフェとごはん

京都 東本願寺前 Te Concepcion


京都の駅ビルの中のお店は、狭くて混んでいるところが多い。
落ち着いてお茶とお話をしたいということで、
駅からちょっと歩いて、東本願寺の正面のゆったりした紅茶のお店「Te Concepcion」
に行ってみた。

f0110699_0521761.jpg


通り沿いは前面ガラスだけれど、広いお店なので、奥のテーブルは少し暗くて、なんだか落ち着ける。

f0110699_12136.jpg


モーニングセット3種類のうちのひとつを頼んで驚く。
まずお茶の前に、野菜ジュースとサラダのお皿だけが運ばれてくる。
サラダは、ありがちなキャベツの千切り、などではなく、
赤ピーマン、オクラ、カブなどが盛られている。ドレッシングも小さな器でお皿にのっている。
そして、↑ 写真のように、オープンサンドとヨーグルトのお皿。そしておいしい紅茶。
それが終わると、ちいさなケーキだけがくる。
モーニングでワンプレートでどん、とくるのではなく、丁寧にコースとして出てくるのだ。

使われているお皿や、ステンレスのポット、カトラリーがとてもよい。
思わずポットのメーカーをお店の人に聞いてしまったけど、生産中止の製品とのこと。
f0110699_11365296.jpg


コーヒーは好きだけれど、体質的に合わないので、おいしい紅茶や日本茶のお店のある京都は、
お茶の時間は助かるのだ。


ここでゆっくり時間をかけてお茶を飲んで、東本願寺にお参り。実家の宗派がお東なので。
世界遺産らしいが、本堂にも入れず、正直言って何も感じられないお寺だけれど。
(という、まわりの意見も多い)




お店の情報・口コミはこちら→ ★
[PR]
by abbey-t | 2009-09-21 01:04 | カフェとごはん

京都 西陣 静家



f0110699_20572112.jpg

f0110699_20574189.jpg


真夏の京都は初めてだった。
梅雨が明けたばかりの京都なのに、雨模様の蒸し暑い日。
黄昏が始まったばかりの外から、仄暗い古い家の中へ。

f0110699_20581487.jpg


西陣の生糸問屋の商家であった築130年の町屋。すがすがしく、涼しく、凜としている。
もともと京都の町屋は、高低差で風を通して夏に涼しい工夫がされてはいるが、
冷房が入った坪庭のある小部屋は、ことのほか居心地がよい。

f0110699_20582879.jpg


一昨年、あのお店で生湯葉を頂いてから、すっかり湯葉好きに。
名古屋では、おいしい湯葉はなかなか買えないけれど、京都は専門店が多くある。
ここは美山で湯葉をつくっていて、京都市内に展開しているお店のうちのひとつ。


念願の湯葉尽くしの懐石料理。
個室だったのをいいことに、傍若無人に写真を撮り続ける。
京料理は目で食べるというけれど、器もお料理も本当に美しい。


f0110699_20584879.jpg

濃厚な豆乳。そして、とろとろの湯葉。

f0110699_2059530.jpg

塗らした懐紙に、青葉がはさんであり、

f0110699_2059186.jpg

それをとると、湯葉になる前の豆乳と、かぼちゃの冷たいスープが。

f0110699_20594528.jpg

湯葉のおつくり。豆乳豆腐。

f0110699_210787.jpg

湯葉の押し寿司など。

f0110699_2102774.jpg

湯葉の陶板焼き。バターで焼く時の香りがとてもいい。これが一番しっかりした湯葉。

湯葉の種類も、とろとろ、ふわふわ、つるつる、と、いろんな食感が楽しめる。
ふだんは、乾燥湯葉か、くみ上げ湯葉しか食べられないので、新鮮。


f0110699_211531.jpg

美山鼓。百合根や銀杏などが湯葉で包んである。

f0110699_2112169.jpg

デザートは豆乳プリン。さっぱりしていて、ぷるぷる。



f0110699_213503.jpg

女将さんがとても優しくて、中途半端な早い時間に入ってしまったのに、丁寧に接客して頂いた。
写真を撮る私に、家の中も見せてくださる。
テーブルに白い芙蓉とキャンドル。

板長さん自ら、料理を運んでいただくこともあり、その説明もしていただいた。


f0110699_2141960.jpg



ますます湯葉好きに。翌日さっそく、名古屋の「くすむら」の湯葉を二つも買ってしまった。
そのおいしい湯葉の続きは、また。


■京ゆば 静家 西陣店
[PR]
by abbey-t | 2009-08-24 22:33 | カフェとごはん

忘れないことを忘れない。


by abbey-t

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



以前の記事

2016年 01月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2013年 09月
2013年 01月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月

その他のジャンル

最新の記事

ブログは休止しております
at 2016-01-28 08:56
7月も過ぎる
at 2015-07-31 22:32
6月も過ぎる
at 2015-06-26 20:29
一番好きな季節
at 2015-04-30 21:59
〓名古屋 七里の渡しの中秋の..
at 2013-09-19 23:36

記事ランキング

画像一覧

AX